9月の様子

朝夕の空気が冷たく、木々の彩りも深まる頃となりました。外遊びが大好きな子ども達は、秋の自然とのふれあいを楽しんでいます。1日の寒暖差や感染症予防に気を配り、子ども達が健康で安全な毎日を過ごせるように努めていきたいと思います😊

さて、9月の子ども達の様子をお伝えします!

9月10日は十五夜🌕ということで、お月見会をしました♪

事前に3クラス合同で作った お月見製作✨


ぱんだ組さんはまん丸のお月様を担当!指先を使い、折り紙を上手にちぎって貼ることができていましたよ。

うさぎ組さんは、お団子を担当!フラワーペーパーを丸めて貼って、モリモリ沢山のお団子になりました。

こあら組さんは、うさぎとススキを担当!小さな手と足をペッタンして、可愛いうさぎとススキができました。

お月見会では、本当はスイートポテト作りをする予定だったのですが、直前に手足口病が大流行してしまい、急遽 小麦粉粘土でのお団子作りに変更となりました。

『だんごがたべたい おつきさま』の絵本を見たり、お月見クイズをしたりして楽しんだら、いよいよお団子作りのスタート!

サラサラの粉の状態、水を入れた時のベタベタの状態、モチモチと まとまった状態・・・それぞれの感触を楽しんでいましたよ😊

午後のおやつでは、給食室の先生達が作ってくれた うさぎのスイートポテトを食べ、楽しいお月見会になりました♪

秋晴れの良いお天気が続き、園庭にお散歩に・・・めいっぱい外遊びを満喫している子ども達。

長~く咲き続けていた園庭のアサガオでは、咲き終わった花びらで色水を作ったり、種を収穫したりと、沢山楽しませてもらいました🌸

こあら組のネンネだった赤ちゃん達も、今では靴をはいて歩いたり、つかまり立ちから伝い歩きをしたり、ハイハイをしたり・・・と、行動範囲がぐ~んと広がり、それぞれのペースで散策を楽しんでいますよ!

うさぎ組さんは、お友達との関わりも増え、一緒に遊ぶ楽しさを味わっているようです。

ぱんだ組さんは、自分より小さいお友達のお世話をしてくれ、頼もしいお兄さんお姉さんに成長しています!

お散歩では、葉っぱに虫に…動植物に興味津々!じーっと観察する姿は、研究者のようです😊

次の更新もお楽しみに~!!

Category :
208 views